· 

ふんわりとの塩梅で。

 

大阪は寒さも少し緩んで陽も射して暖かかったので、

青空の下でひとりパンランチを楽しみました。

 普段は見ない都会のビルを眺めながら、のんびり、デス。

 

そんな今朝、出掛けの電車の中で浮かんできたのは

「最後の日」「お別れの日」というキーワードと、

友人に教えてもらってからお気に入りだった場所と建物。

 

用事が終わったあと、折角出てきたのだからとその場所に行ってみました。そうそう、用事先で出たワードは「変容」。

「変容」だからの「最後の日」なんでしょうね。

 

最初に訪れた「建物」は、自分にとってのあることの「象徴」でもある建物だったのだけど、

もうそこには私に繋がるものは無くて、特に感慨も無く。

次に行った「場所」はまだ数回は来そうな感じで。

 

 以前なら、自分の中から湧いた「アイデア」に「何かの成果」を「期待」していたのだけど

今は、「行きたいと思ったところに行ったという事実」があるだけ。

「焦り」がいつも隣に陣取っていたここ1、2年の私もようやく落ち着いたか(笑)

 

そんな中、焦っていた私が求めてやまなかった、

「此処で動いている私に重なる気配」は濃さを増していた。

不妊治療を辞めたら妊娠した的あるあるデスね。

けれども、その事もいま私がフォーカスするところではなく、ふんわりと。ね。

 

それくらいが私には調度いいみたい。